茨城県のスバル正規ディーラーネットワーク
  • HOME »
  • 健康経営の推進と社員の健康のための取り組み

健康経営の推進と社員の健康のための取り組み

健康宣言

『企業理念』にある「人々の幸福な生活に寄与する」ことを実現していくためにも、社員とその家族が健康であることが不可欠であり、健康でなければお客様の信頼を得ることはできません。当社では、会社の成長を支える社員と家族の心身の健康を重要な経営資源の一つと捉え、健康維持・増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康づくりの推進によって、社員がいきいきと活躍できる環境を整え、企業価値向上と社会へのお役立ちにつなげることを目指します。

代表取締役社長 大槻 秀樹

「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定

当社は2019年から3年連続で経済産業省および日本健康会議より、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む法人として「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰する制度です。

– 認定証 –

– 2020年度健康経営レポート –

「健康づくり推進事業所宣言」

当社は健康保険組合と協力して「健康づくり推進事業所宣言」を行い健康経営づくりの取り組みを積極的に行っています。
また、推進事業所として取引先企業へ健康経営のノウハウ提供や共同での施策実施など、共に企業価値の向上を目指します。

– 健康づくり推進事業所宣言書 –

健康経営方針

お客様に選ばれ、成長し続ける会社であるためには、何よりも社員とその家族の健康が第一と考えます。
より豊かな生活を送ることができるよう社員の健康維持、増進をサポートし、活力に満ちた職場環境の実現を目指します。

健康経営推進の目的

・社員が心身ともに健康になることで生産性の向上を図る。
・社員がイキイキと活躍できる環境を整え、企業価値の向上と社会へのお役立ちにつなげる。
・健康維持、増進をサポートすることで仕事や生活の満足度を向上させる。

健康経営推進体制と役割

代表取締役社長を健康経営責任者として、目的達成のための推進と最終的な意思決定を行う。
施策立案、分析、成果検証については、健康経営委員会が行う。健康経営委員会は取締役、総務部によって構成される。また、健康経営推進担当者においても施策、成果の評価と改善検討を行う。
尚、健康経営の核である健康への具体的な取組を実施する主体は、店舗及び全従業員個人となる。
また、外部連携として茨城県自動車販売健康保険組合、産業医との連携を図りながら健康経営を推進する。

茨城スバル 健康経営推進体制

健康課題及び改善目標値

2021年度の健康課題と改善目標値を設定し施策を推進する

①特定保健指導対象者率の削減

【課題】
今後40歳以上の社員の割合が増えていくため、会社が持続的に成長を続けていくためには、予防医療を通じて特定保健指導対象者を減らし、その進行の先にある糖尿病等の生活習慣病の予防が必要。

【現状】
2020年度:16.9%(118人中20人)
※保健指導判定基準:健診結果で、「腹囲85cm(男性)、90cm(女性)以上」、「BMI25以上」、「血糖・脂質・血圧での基準値以上」、「喫煙有」の4項目の内、いずれかに2つ以上該当している。

【目標】
2021年度:16.5%以下(引き続き2019年度全国平均17.4%以下を目指す)

【対策】
全社員参加での歩け歩けキャンペーン実施、万歩計の配布、健康診断受診率100%の継続、社員への禁煙促進

②社員のプレゼンティーズムの改善

【課題】
「人々の幸福な生活に寄与する」という企業理念を体現するためにも、健康意識の醸成や職場環境の改善を通じた生産性の向上が必要。

【現状】
2020年度:91.8%(パフォーマンス評価)
※WLQ-Jをベースに算出。100%に近いほど良好な状態。

【目標】
2021年度:94%(パフォーマンス評価))

【対策】
時間管理の徹底(残業削減、休日出勤削減、有休取得率増)、産業医との連携(メンタルヘルス体制の強化)

③メンタルヘルス対策

【課題】
メンタルヘルスと生産性は比例しており、企業価値の向上、社会へのお役立ちを実現するためにはメンタルヘルス対策が必要。

【現状】
2020年度:100%(ストレスチェック受検率)
2020年度:1.47日(アブセンティーズム損失数)

【目標】
2021年度:100%(ストレスチェック受検率)
2021年度:1.2日(アブセンティーズム損失数)

【対策】
組織毎の集団分析とフィードバック、高ストレス者に対してフォローや産業医面談の実施

課題解決への具体的な取り組み

①健康診断全社員受診推進(受診100%の継続)

・全社員に対し健康診断受診の機会を提供。店舗ごとに推進担当者を任命し、健康経営委員会と協力して受診率100%を目標に声掛けを行っている。(2020年度も100%達成)
・毎年全社員が受診することで正確な数字を算出し、健康意識を醸成する。
・人間ドック受診料補助の実施。

②生活習慣を改善し特定保健指導対象者率の削減

・健康保険組合と協力して「歩け歩けキャンペーン(目標1日8千歩、4ヶ月で98万4千歩)」を実施。施策を通じて運動習慣の定着、コミュニケーションの活性化、健康リテラシーの向上につなげている。
・本社、水戸店に社員食堂を設置。社員の健康や栄養に配慮したランチメニューを提供。
・喫煙時間を設定(就業規則の改定)、喫煙場所の削減を実施。
・フィットネス施設で優待サービスが受けられる福利厚生支援代行サービスを導入し、社員の健康促進をサポート。

③健康で”イキイキ”と活躍できる環境づくりと生産性の向上

・労働時間の適正化、生活時間の確保(ワークライフバランス)により仕事とプライベートの充実を図る。(残業時間削減、有給休暇取得率UP。)
・バースデイ休暇の設定。
・女性向け健康セミナーの開催。健康をきっかけに店舗や部署を超えた交流、コミュニケーションを促進。
・本社、水戸店に社員食堂を設置し社員の憩いの場となっている。

④有給休暇取得の促進

有給休暇について就業規則の改定を行い2021年度は5日間計画的付与を実施する。
また、社員の意見を聞きながら時季を指定し取得を促進していく。

⑤社員毎の健康宣言

社員一人ひとりが健康に対する目標を宣言。課題を明確にし自立的に運動や食生活の改善に取り組んでいる。

⑥感染症予防対策

・インフルエンザ予防接種促進策として社員(パート含)、扶養家族の予防接種料の一部補助を実施。
・コロナ感染症対策として全店でパーテーション、手指消毒アルコール、体温計の設置。
・全店で1日3回の除菌タイムの設定し、ドアノブ、スイッチ類、電話機等施設設備の除菌を行っている。
・体調管理シートを使った体温、体調の管理。抗原検査管簡易キットを全店に配備。
・全店に次亜塩素酸空間除菌脱臭機(ジアイーノ)を導入。
・ワクチン接種について特別有給休暇の設定。

⑦熱中症対策

・全店舗へスポーツドリンク+塩分タブレットの配布。
・工場へ冷房設備の設置。
・5月1日~10月31日までクールビズの実施。

⑧健康増進、コミュニケーション

社員やその家族も参加できるスキーツアーの実施。
社員やその家族も参加できるバスツアーの実施。(2年に1度)
グループ会社と合同でスポーツフェスティバルの実施。(2年に1度)

健康増進、コミュニケーション

主要指標に関する経年変化及び目標

項目推移目標
2018201920202021
健康診断受診率100100100100
特定保健指導対象者率19.817.116.916.5
適正体重者率30.467.365.570.0
喫煙率29.127.326.526.0
運動習慣比率20.324.520.424.0
歩け歩けキャンペーン参加率100100100100
歩け歩けキャンペーン達成率20.8
38.040.645.0
ストレスチェック受検率--100100
プレゼンティーズム評価--91.894.0
残業時間時間24.523.515.815.0
有給休暇取得率24.552.853.655.0
平均勤続年数15.716.216.1-
傷病による休職者数1331
アブセンティズム損失数--1.471.2
ワークエンゲージメント評価
(ロースコアが好ましい状態)
--105100

投資額

項目201820192020
ストレスチェック千円--184
歩け歩けキャンペーン千円245120154
SUBARU安心ほっとライン
点検パック
保障延長プラン
無料診断
自動車保険プラン
クレジット&リースのご案内
採用情報
所有権解除依頼について
茨城ロボッツ
subaru W DIAMOND ProKeep
SUBARU NAVI PACK
PAGETOP
Copyright © 茨城スバル自動車株式会社 All Rights Reserved.